パソコンのメモリは4GB以上!! <2013年4月号>


 

パソコンの動きが遅い原因はいくつかありますが、よくある理由のひとつが「メモリ不足」です。
パソコンの「ハードディスク容量」とは違って「メモリ容量」が少ないと動きが遅くなりがちです。

もし今後、パソコンを買い替える場合、「メモリ容量」を重視するといいでしょう。

最低でも4GB(ギガバイト)あると安心です。

 

■ 「メモリ」と「ハードディスク」の違い

例えるなら…

「メモリ」は、机の広さ。広ければ広いほど効率よく仕事ができます。

「ハードディスク」は、引き出しの広さ。広ければ広いほどたくさん収納できます。

 

だから、「メモリ」が4GBの人は、2GBの人に比べ、2倍の広さの机で仕事ができるということ。

より大きな仕事ができたり、複数の仕事を同時にこなしたりできます。

パソコンだより2013年4月号

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*