補助金を活用してみよう<パソコンだより2017年3月号>


地震前より、よい店にするために、補助金を活用するという手があります。

融資とちがって返済しないくていいというメリットがあります。

(それぞれ実施期間・募集時期が異なります)

 

●小規模事業者持続化補助金(熊本地震対策型)

主に「新しい販路・顧客の開拓」に対して出る補助金です。

(対象となる例)新商品の開発費、店舗改装費、チラシやホームページの作成費

(ならない例)壊れたドアの修理費、古い棚の買い換え

【かかった費用の2/3まで、最大200万円まで補助されます】

※現金をくれるわけではありません。かかった費用を申請すると、後から2/3が支払われる流れ。
※数々の書類、商工会議所の指導などが必要ですので、詳しくは横紺屋町の商工会議所まで。

●ものづくり補助金

新商品、新サービス、試作品などを支援

●IT導入補助金

ソフトウェアやシステムなどITツールの導入経費を補助

●グループ補助金

熊本地震からの復興を実施するグループが対象

●雇用調整助成金

従業員に休業手当を払った場合に助成されます

 

 

 

 

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*