インターネット広告の向き不向き


広告代理店の方から、

「クライアントにインターネット広告を提案したいんだけど、いくらくらい想定しておけばいいですかね?」

とのご相談を受けました。

最近は、“雑誌や新聞を見る時間より、インターネットを見る時間の方が多い”という人が増えましたので、同程度の費用を使って広告を出すならインターネットに使ってみよう、というお店・企業が増えてきたようです。

そこで、そのクライアントについていろいろ話を聞いてみた結果、

「インターネット広告は向いていないかも」

という結論に達しました。理由はそのクライアントのターゲットが県内在住者だったから。

インターネット広告のメリットは、県内外を問わず広くアピールできるということ。通販や観光のPRには最適ですが、お店まで来てもらってサービスを提供する、という業態では全国に広告を打つ意味があまりありません。

むしろ、自然検索で上位に表示されるようにするとか、ホームページに新しいコンテンツを増やすとか、地元情報誌に広告を出すとかの方が反応が大きいかもしれません。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*