ネットショップはもうこりごりという方に


昨日お会いした方に、インターネット通販の話をしたら、

「以前ネットショップを作ってみたけど、効果が無かったのでやめた」

とのこと。

こういう話を聞くたびに、われわれの道具であるインターネットが役立たずだったと言われているようで申し訳なくもあり、一方で、もっとうまく活用できなかったのかな、とも思います。

また、ひとくちに「効果が無かった」といっても、どの時点で効果が無かったのかで事態は大きく異なります。

・ホームページ自体にアクセスが無かった

→ 広告宣伝が足りなかった、SEO対策ができていなかった

・ホームページにはたくさんアクセスがあったけど売れなかった

→ うまく商品の魅力が伝えられなかった、売る仕組みができてなかった(カゴ機能など)

・商品は一時的に売れたけど、続かなかった

→ ぶっちゃけ、商品が良くなかった、対応が悪かった

どこに問題があったかは以前のブログ記事「ホームページのリニューアルにはアクセス解析が重要」で書いた通り、アクセス解析をすることで分かることがたくさんあります。

インターネット通販で儲けている会社は実際存在するわけですから、インターネットをうまく活用すれば商品は売れます。(商材にもよりますけど)

ネットショップを一度断念して懲りてしまったという方は、ぜひ一度ご相談ください。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*