インターネットで検索してみよう【超初級編】


最近は何をするにしても、まず「インターネットで検索」する行動パターンが多くなっています。食事に行くにしても、旅行に行くにしても、レストランや観光スポットをインターネットで調べてから出かけます。

検索を利用すれば、これまで知らなかったことを知ることができ、よりお得で充実した生活が送れます。よりおいしい料理、より楽しいイベント、より安くてお得なセールなど、ちょっとインターネットで調べれば、確実に視野が広がるはずです。

<旅行の計画にインターネットを活用する・例>

この時、検索で使われるのがだいたい「Yahoo!」(ヤフー)か「Google」(グーグル)でしょう。

ナイツの「ヤホー」はネタですからね

漫才コンビ「ナイツ」がよく言う「ヤホーで検索」はネタですからね!

ちなみに日本ではYahoo!の方が普及しているようですが、世界ではGoogleの方がよく使われているようです。(今年、Yahoo!がGoogleと業務提携したので、今の日本では検索結果はどちらもだいたい同じですけどね)

で、検索すると調べたいキーワードに関するホームページがずらずらと表示されます。

試しにYahoo!で「熊本 温泉」を検索。

複数のキーワードで検索する場合は「単語」+「 」(空白スペース)+「単語」と入力。単一のキーワードで検索するより、複数単語で検索した方が希望のホームページが表示される精度が上がります。

この中から気になるホームページをクリックすれば、それぞれのホームページを見ることができます。基本的にはどのホームページも検索したキーワードと関係のあるものばかりですが、純粋な検索結果は画面の中央部分だけで、画面上部と下部、右部は「広告」です。

検索結果には広告も表示されます(ピンク部分は広告)

→検索ページの「広告」の仕組みについては、また後日ブログで書きましょう。

(追記:投稿しました「検索ページの『広告』の仕組み」)

純粋な検索結果は関連性の高いものから順番に10件ずつ表示されます。もっと見たい場合は画面下部の「次へ>」をクリックすれば11~20件目を見ることができます。

ショップや企業にとっては、この「上位10件=1ページ目」にランクインすることが重要になってきます。11位以降(2ページ目以降)はあまり見られないからです。

→検索結果で上位に表示されるコツについても、また後日ブログで書く予定です。

(追記:投稿しました「ホームページを検索で上位に表示させよう」)

やっぱり自分の知識には限界がありますから、インターネットという便利な道具を使って、よりよい選択肢を選んでいくのは大事なことですよね。

2 トラックバック

  • 投稿者: ホームページを検索で上位に表示させよう 日時: 2010年11月26日 - 16:13

    […] 先日のブログ「インターネットで検索してみよう【超初級編】」で書いた通り、一般消費者は何か行動を起こすにあたってインターネットで検索して探し物をします。 […]

  • 投稿者: 検索ページの「広告」の仕組み 日時: 2010年11月30日 - 10:15

    […] 先日のブログ記事「インターネットで検索してみよう【超初級編】」でちらっと触れましたが、インターネットで何かしらを検索したら、そのキーワードに関するホームページがずらず […]

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*