涅槃絵拝観ツアーに参加してきました


 

毎年2月15日は、お隣り新町地区で「涅槃絵拝観ツアー」が開催されています。

この日はお釈迦様が入滅した(亡くなった)日。その光景を描いたのが「涅槃絵」(ねはんえ)で、高麗門付近の横手地区のお寺では、この日一斉に寺宝である「涅槃絵」を年に一度ご開帳されるのです。

今年の2月15日は運よく土曜日だったので参加してみました。

 

正立寺、禅定寺、妙立寺、妙永寺、本覚寺の5つのお寺を巡りました。

お寺が所蔵している「涅槃絵」の大きさや画風はまちまちですが、だいたい共通して解釈されているのは、

  • お釈迦様は北枕で寝ている
  • 天から亡母がやって来て薬を投げる(ここから現在の「投薬」という言葉が生まれる)
  • そばで泣き崩れているイケメンは一番弟子
  • お釈迦様の足をさすっているのは追っかけのおばちゃん
  • 描かれている動物は十二支をはじめとする生き物、虫、鳥など
  • ただし猫は描かれていない

…などなど、1枚の絵にいろいろな物語が隠されているようです。

 

参加者には御朱印帳が配られ、各お寺で御朱印を押していただきました。

「涅槃絵」のご開帳はずーっと以前から行なわれており、江戸時代にはたくさんの人出を見込んで市が立ち並んだほど。これが釈迦市、高麗門の市などと呼ばれ、現在の「春の植木市」のルーツだそうです。

 

 

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

*
*