熊本大学落語研究会OB寄席2018


 

私、平野は学生時代、落研(おちけん=落語研究会)に所属していました。卒業してから何年も経ちますが、4月15日(日)、そんな落研卒業生たちが寄席を開きました。

熊本地震から2年目の節目ということもあって、県内外からたくさんのOB・OGがかけつけてくれ、そのうち10人が落語を披露しました。

卒業後も落語を続けているメンバーは3人くらいで、あとの7人は超久しぶりの落語だったはずなのに、みんなそこそこ上手で笑いをとっていたのは、“昔とった杵柄”ってやつですかね。

今回は私のお膝元(?)、古町の「早川倉庫」さんでの開催ということで、私が腕をふるってプロデュースしましたよ。

寄席会場に“和”のお店を呼んで、お買い物を楽しめるようにしました!

●甘い和菓子でちょっと一息

「友達屋」さん(紺屋阿弥陀寺町)

●落語といえば欠かせない“手ぬぐい”販売

「いさみや」さん(米屋町)

●惜しくも地震で店が無くなってしまった

「森本襖表具材料店」さん(鍛冶屋町)

●全国でも珍しいハンドメイド“ふんどし”

「瑠璃小町」さん

そして、

●前日の準備から翌日の後片付けまでお世話になった

「早川倉庫」さん(万町)

●休憩処にお茶を提供していただいた

「森本茶舗」さん(新町)

●40年以上も昔の落研の部室の写真を提供してくれた

「冨士川一裕」さん

●パンフレットをリーズナブルな価格で印刷してくれた

「林田印刷」さん(米屋町)

そのほか、チラシを店頭に貼って宣伝してくれた古町地区のたくさんのお店、もちろんご来場いただいたお客さんも、みなさんありがとうございました。

 

 

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*