古町・五福校区をまちめぐり(前編)


10月3日(日)、雨が降ったりやんだりする中、古町のまちめぐりが開催されました。

全2回のうちの前編である今回は、古町の東エリアを散策。

明八橋から心光寺。

心光寺へ続く道

心光寺へ続く道

心光寺は、五福小学校の前身・西唐(にしとう)小学校がありました。(明治5年-8年)

不動院跡、旧第一銀行(現ピーエスオランジュリ)を眺め、古往生院跡へ。

不動院は跡形も無く…

不動院は跡形も無く…

古往生院跡は現在、鍛冶屋町公園。熊本初の公園と言われています。

古往生院は児童公園に

古往生院は児童公園に

正覚寺、成満寺へ。この辺は万町といって、煙管(きせる)や簪(かんざし)などアクセサリーの問屋や職人が多かった町。特に肥後の煙管(がんぱちとも呼ばれた)は、江戸・京都に並んで三大ブランドだったとか。

白川側に出て、だご地蔵・放牛地蔵・殿下石。
□だご地蔵…対岸にあった処刑場に行く途中にあったため、罪人の家族が見送りのついでにこの地蔵に団子(だご)を供えた。
□放牛地蔵…放牛という僧が、熊本市を中心に100体以上の地蔵を作ってまわった。そのうちのいくつかが、ここ古町にもある。
□殿下石…豊臣秀吉が天正15年、鹿児島の島津氏攻略のために薩摩街道を南下。小休憩のために腰かけた、と言われる石。

また万町に戻って総社神社を見て終了。

後編は10月17日(日)の予定です。

(追記:後編の模様をブログに投稿しました。「古町・五福校区をまちめぐり(後編)」)

2 トラックバック

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*