古町に「水のオアシス」工事竣工


熊本市が「くまもとの水」「地下水都市」をアピールするために、熊本駅から熊本城までの間に親水施設をいくつか造るらしく、ここ古町では2箇所で工事が始まりました。
 
 
 

1.おてもやんポケットパーク

ひとつ目は、熊本駅からの古町の入口ともいえる場所。民謡「おてもやん」の作者・永田イネさんとおてもやんの銅像がある小さな公園です。これまでも五福小児童が看板を書いたり、地元住民が草とりをしたりと手入れをしてきた公園ですが、また新たな楽しみ方ができそうです。

2.明八橋(めいはちばし)

ふたつ目は、新町と古町をつなぐ明八橋の古町側。明治8年に造られた明八橋は、今では車が通れないようになっているので、施設完成後はますます歩行者のオアシスになりそう。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*