ホームページに必要な「コンテンツ」とは何ぞや?


ホームページを作るには大なり小なり費用がかかります。せっかくお金を使うなら効果の出るホームページを作りたいものです。これは依頼主と制作会社どちらの願いでもあるでしょう。

では効果の出るホームページには何が必要でしょうか。デザイン、インパクト、使いやすさ、アクセス数…。いろいろありますが、弊社ではずばり「コンテンツ」と即答します。中身、内容のことです。

どんなにいいお店、いい商品でも、

「来てね」「買ってね」だけでは、誰も来ないし購入もしてくれません。

どんなお店なのか、どこがどういいのか、それを買うことでどうなるのか、をハッキリ掲載しておく必要があるのです。もう少しつっこんで考えると、どんな思いでお店を立ち上げたのか、何を目標に商売しているのかなども掲載すると、共感してくれるお客さんがいるかもしれません。これらが「コンテンツ」です。

また、「コンテンツ」は多い方がよく、継続して更新されるとベターです。お客さんに「このホームページではいろんなことが分かる」「新しい情報があるかもしれない」と思わせることが、再訪問につながるからです。

更新するコンテンツは、「おすすめ商品」でもいいし、「ブログ」(日記)でもいいでしょう。「よくある質問」もちょこちょこ更新していくと膨大な量のコンテンツになるでしょう。

コンテンツの更新はたいへんですが、ホームページを作る際にあらかじめ「こういうコンテンツを用意して、更新していこう」と決めておけばスムーズです。

  • 小売店や飲食店の場合…入荷した新商品のこと、旬のおすすめ商品のこと、キャンペーンのことなど
  • 美容室やエステサロンの場合…来店したお客さんのこと、こんな悩みをこんなサービスで解決したなど
  • 病院の場合…病気に対する予防策、病気の見分け方など
  • 住宅会社の場合…施工物件の進捗状況、職人さんの仕事のことなど

どの職業にもその道のノウハウやうんちくがあるはずです。

それらを小出しにしていけば、それはもう立派な更新コンテンツ。ぜひチャレンジしてみましょう。弊社ではコンテンツ更新のサポートをしていますので、更新システムについてや文章や写真撮影などについても何なりとご相談ください。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*