8月16日は「閻魔まつり」でした!


 

毎年8月16日はここ古町地区で「閻魔(えんま)まつり」が開催されます。

“ 地獄の釜の蓋が開く日 ” ということで、細工町の「宗禅寺」(そうぜんじ)さんの閻魔像をお祀りします。

 

また、万町の「安楽寺」(現在は廃寺)から「総社神社」に伝わった閻魔像も、この日は「宗禅寺」さんに運び入れて並べてお祀りします。

こちらの閻魔像は、江戸~明治に活躍した生き人形師・松本喜三郎の作品といわれる立派なもので、普段は「五福まちづくり交流センター」に安置されています。(写真左)

お寺の本堂では、地獄絵図の掛け軸がご開帳されます。

最近の子は、「悪いことをすると地獄に落ちる」「ウソをつくと閻魔様に舌を抜かれる」とか知ってるのかなぁ?

五福の子は、こういう行事を通して、先人の言い伝えを受け継いでいます(…受け継いでいるはず)

 

で、子どもたちのお目当ては、境内の縁日!

地元まちづくりの会や、地元商店が出店します。

まちづくりの会では、名物の「激辛閻魔カレー」のほか、カキ氷、冷やし飴、ラムネの販売と、クジ引きや金魚すくい、ヨーヨーつりなどを担当しました。

また、「川上酒店」さんのお酒、「源ZO-NE」さんの焼き鳥、「益雪かまぼこ店」さんのちくわ・天ぷら、「あやすけ」さんのお好み焼き、「友達屋」さんの和菓子が販売され、どれも売り切れ続出でした。

 

そして、宴もたけなわになってくると、実際に境内に閻魔大王が降臨するのも見どころ(笑)

見たい人は来年の8月16日にお待ちしています!

 

 

 

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*