WindowsXPとVistaが使えなくなります!


 

先日、このブログで「WindowsXPは2014年4月には使えなくなります」と書きましたが、今回はこれについてもうちょっと詳しく。

「WindowsXP」(ウィンドウズ・エックスピー)は、2001年の発売以来たくさんの人に利用され、今でも全パソコン人口の約半分が利用しているという、もっともポピュラーな「OS」(オーエス)です。
ちなみに「OS」とは、パソコンという機械を動かす、車でいうところのエンジンみたいなもの。どのパソコンにも何かしらの「OS」が入っています。

「XP」は、実は2008年にはすでに販売が終了していて、以降は「WindowsVista」(ビスタ)や「Windows7」(セブン)が発売されています。

 

↑ 2011年11月現在、いまだ「XP」はシェアNo.1

 

そんな大人気の「XP」が、ついに2014年4月8日に使えなくなってしまいます。

いや、「使えなくなる」という表現はちょっと違っていて、正確には

「サポートが終了する」

ということです。

 

「サポートが終了する」ということは、情報や技術がストップするということ。

壊れても修理できないし、今後登場するソフトや周辺機器は「XP」には対応しない、などの現象が起こります。

新しいウイルスにも対処しなくなりますので、そのまま使い続ければ本人だけでなく、メールや社内LANなどで接触のある他人にも影響を及ぼすことになり危険です。

ここは素直に「Windows7」に乗り換えるのが無難です。

もしくは、2013年に「Windows8」が出るとの噂もあり、「7」を飛ばして「8」にするのも一考の余地ありです。

ちなみになぜか「WindowsVista」は、「XP」より早く2012年4月にサポートが終了。「Vista」をお使いの方は早めに「7」にお乗り換えを!

 

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*